BLOG

  1. HOME > 
  2. BLOG

ロープで木登り

Posted on 2017/12/06 by admin

子供の頃は木登りなんて普通にしていました。
木登りは『遊び』なんて認識することもなく、目の前に木があるから登る。
子供たちにとって登る行為に理由なんてありません。
登り始めのとっかかりを見定めて、木の肌のゴツゴツを手に感じながら、また次のとっかかりを見つけていく。
この枝に乗ったら折れそうかどうかは、失敗をしながらも、誰に教わるでもなく自分で分かっていくものでした。
登りつめた場所から見る、いつもとは違う景色。下の友達を見下ろしての優越感。

大人になってから木登りしたこと、ありますか?

私みたいな良い歳したオッサンが公園で木登り、、、
自分的にもちょっと恥ずかしいし、周りからも不審がられそう。
整備の行き届いた管理されている場所では、木登りしてはいけない場所もありますし。

そこで!ロープを使った木登りです。
この方法は、高い木の剪定をする職業の方が行っている登り方をアクティビティとしたものです。
ロープやハーネス、カラビナなど、ロッククライミングに似た装備です。

ロープで木登り

日本ではまだ認知度は低い?!かも知れませんが、全国で体験会などがあります。
例えば、TREE CLIMBING JAPANのような団体があります。

特殊な道具や技術が必要となるので、まずはそのようなイベントで体験してみてください。

ロープを登る毎に変化していく景色。
風で擦れる葉の音、土の香り、直に触れる木の感触。
幼少時のワクワク感が蘇ってきますよ。

BUNNY WALKはインスタグラムやってますよ!

Posted on 2017/12/05 by admin

インスタグラムでBUNNY WALKの公式アカウント開設しております。
まだまだヒヨッコですが、、、

インスタアプリでは、bunny_walkで検索。
是非是非、フォローお願いします!

皆さんのアウトドア・サングラスの素敵なお写真を『#バニーウォーク』をつけてポストしてください。
良いお写真はリポストさせて頂きます!

当ウェブサイト上にもリンクボタンを設置しましたので、PCでもチェックOKです。

場所はココ↓
サイトのインスタリンクボタン

現状はこんな感じ。
このフィード画面だけでも、なるべくテーマや雰囲気が被らないようにと工夫しなくては、、、

insta_page

2018 NEW MODEL BW-020シリーズ

Posted on 2017/12/04 by admin

今回ご紹介するニューモデルは、前回のBW-019シリーズに続き、第2弾のBW-020シリーズです。

ポイントはテンプルの2種類のカモフラ柄。
カモ柄人気もすっかり定着し、年によって流行るカモパターンは変わりますが、今回採用の2パターンはリアル系とグレイカモです。
どちらもフィールド、タウンユース共にイケるデザインとなってます!
カモ柄の他、大人しめのマットクリアブラウンもありますので、カモ柄はちょっと、、、という方にも選んで頂けます。
bw020_2camo

ソルトアングラーの鈴木斉さんに使用していただきました。
hitoshi_suzuki

「フレームカーブ具合が適度に顔のラインにフィットして遮光性が良く、またウェーディング中に波しぶきから目を保護してくれる。
ノーズパッドに関して言えば、ラバーの柔らかさが程よく鼻も痛くならない。」
とのお言葉を頂きました。

価格は8,800円。
初めての偏光サングラスとしてはもちろんのこと、サブの2本目以降にも最適です!

カラーは全部で3色。
BW-0220M : フレームカラー/グレイカモ、レンズカラー/ブルーミラー
BW-0221M : フレームカラー/リアルカモ、レンズカラー/シルバーミラー
BW-0222M : フレームカラー/クリアブラウン、レンズカラー/シルバーミラー
bw-0200
bw-0201
bw-0202

まもなく店頭に並ぶ予定ですので、最寄りのバニーウォーク取扱い店で実際に試着してみてください!

在庫のお問い合わせは、全国のバニーウォーク取扱い店まで!

PAGETOP